シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミが赤くなった時はどうすればいいですか?

 

人は日焼けをすると、
肌が赤くなってしまうこともしばしば。

 

肌が弱い人はもちろんのこと、
そうでない人も長時間紫外線に当たると、
日焼け止めを塗り紫外線対策をしていても、
肌が日焼けして赤くなってしまうことがあります。

 

日焼けしてしまった後、肌の赤みが気になる時は、
どのようにすればいいのでしょうか?

 

実は、日焼けは、やけどと同じなのです(><)

 

ですので、日焼けした後は、冷やすことです!

 

直接肌に冷水をかけると、
赤くなった肌が痛みを感じる場合があります。

 

そのため、氷水に浸して冷たくてしたタオルをしぼり、
肌に当てて熱を取りましょう。

 

氷水がない時は、
冷蔵庫で冷やしておいたアイスノンでもOKです。

 

ですが、余りにも冷たいタオルや
アイスノンを長時間肌に乗せ、
肌の感覚をマヒさせてしまうのは、
体にも肌にも良くありませんので、
頃合いをみてタオルを外して下さいね。

 

軽症の赤みの場合は、赤くなった肌を冷やすことで
ある程度は治まります。

 

ですが、赤みが何日も続くようであれば、
素人判断をせずに皮膚科を受診されることをおすすめします。

 

赤くなった腫れてしまったり、
日焼けした場所が水ぶくれになってしまった時は、
早めに専門医の処方を受けることが、
傷痕を残さないことにつながるのです。

 

万が一、近くに皮膚科がなくて、
水ぶくれになってしまった場合は、
消毒した針で水ぶくれを突いて少しずつ水を抜き、
ワセリン、もしくはステロイド外用剤を塗った後、
清潔なガーゼで患部を保護しましょう。

 

この時、絶対にしてはいけないことが、
皮をむしることです!

 

ちなみに、ワセリン、ステロイド外用剤は
ドラックストア、薬局で販売されています。

 


お試しセットって?

シミが赤くなった時はどうすればいいですか?

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。