シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミとメラノーマの違いは何ですか?

 

メラノーマという言葉を
お聞きになったことがありますでしょうか?

 

一度聞くと、そう忘れない言葉ですが、
メラノーマとは、別名を悪性黒色腫と言います。

 

シミの原因にもなるメラニンを作るメラノサイトが、
がん化した腫瘍であると考えられています。

 

がん細胞がメラニン色素を産出している場合が多いために、
黒色をしているので黒色腫と呼ばれています。

 

ただし、稀に褐色や茶褐色、茶色のものもあり、
メラニン色素を産出しないメラノーマもあるとのことです。

 

ちなみに、メラノーマのできやすい部位は、
手や足の裏、手足の爪下部が発生しやすく、
全体の約30%という発生率となっています。

 

また、年齢に関係なく、胸や腹、背中など
体の中心部にも発生します。

 

また、年齢が高くなると、顔にも発生するようになり、
徐々に拡大してくる場合が多いとのことです。

 

メラノーマとシミ、ほくろは、
簡単に見分けることができるのでしょうか?

 

メラノーマは、左右が非対称、
盛り上がっていることが多いので、
シミ、ほくろと少し形状が違います。

 

また、シミ、ほくろは急激には大きくなりませんが、
メラノーマは大きくなる可能性があります。

 

直径6ミリ以上の場合は、メラノーマを疑いましょう。

 

それから、シミ、ほくろにはそう大きな色の変化はありませんが、
メラノーマは徐々に変化し、まだらになります。

 

シミでもほくろでもないと感じた時は、
早めに皮膚科医を訪問しましょう。

 

メラノーマは発見が遅くなるせいか、
死亡率が高いというデータが出ているそうです。

 

シミ、ほくろには命の危険はありませんが、
メラノーマは命の危険が伴うことを覚えておきましょう。

 


お試しセットって?

シミとメラノーマの違いは何ですか?

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。