シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミと肝斑(かんぱん)の違いは何ですか?

 

最近、テレビCMなどで有名になった肝斑ですが、
シミと勘違いしシミと同じ治療をしてしまうと
肝斑を悪化させてしまう恐れがあることをご存知でしょうか?

 

シミと肝斑の見分け方を紹介したいと思います。

 

実は、大きく分けると肝斑もシミの一つになります。

 

ですが、できる原因に違いがあります。

 

シミは、紫外線を浴びることでできてしまいますが、
肝斑は、紫外線を浴びなくてもできてしまうのです!

 

日ごろ美白ケアには気をつけているのにシミが薄くならない、
増えてきた気がするなんて経験のある方は、肝斑も疑ってみて下さいね。

 

では、肝斑とは、どんなものを言うのでしょうか?

 

一般的に肝斑は、ほお、ひたい、
口のまわりなどに左右対称にできる特徴があります。

 

シミのように境界線が明確ではなく、
うっすらとぼんやりとしています。

 

季節や体調などによって
シミの濃さが違ってくるものを肝斑と言います。

 

肝斑ができる原因には、過去に妊娠したことがある、ピルを服用している、
強いストレスを感じているなど、女性ホルモンに関係があります。

 

30〜40代の女性に多く、60代の女性に少ないことを見れば、
ホルモンバランスの乱れが関係していることが分かるのです。

 

定期的にマッサージを行っているのにも関わらず、
シミが広がったり、濃くなってくる場合は、
まず肝斑を疑いましょう!

 

続いて、シミができる原因についてですが、
簡単に言えば、シミは紫外線を浴びると
大量の活性酸素が発生し細胞が酸化します。

 

その結果、メラニン色素が過剰に発生され
スムーズに排出されないために、肌にシミとして残るのです。

 


お試しセットって?

シミと肝斑(かんぱん)の違いは何ですか?

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。