シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミ対策の化粧のやり方

 

若い頃は、日焼けも紫外線もそう怖くなく、
素顔のままで外出してた?!

 

なんて方も多かったのではないでしょうか?

 

あなたは、シミ対策には、
どのようなメイクをされていますか?

 

実は、自分の肌質に合った日焼け止めと
コンシーラー選びが、シミ対策のコツになるのです。

 

上手なコンシーラー選びのポイントは、
できているシミの濃さを知り、
その濃さによったコンシーラーの色を選ぶことです。

 

例えば、シミを予防されたい方の場合は、
さらっとした感触のコンシーラーでも大丈夫ですが、
できてしまった濃いシミには、
練り状のカバー力の高いコンシーラーをおすすめします。

 

また、日焼け止めには、
どの商品にもSPFという文字が表示されています。

 

これは、「Sun Protection Factor」を略したものです。

 

シミ、そばかすの原因となる紫外線B波をカットする力が示されており、
SPFの数値が高いほど、紫外線を抑えてくれる時間が長くなるのです。

 

シミを予防するメイクの方法についてですが、
洗顔後、いつものスキンケアを行った後、
顔全体に日焼け止めを塗っていきます。

 

日焼け止めの塗り方は、
顔が白くなったと思うほど塗りましょう。

 

汗で流れてしまうので、少し白いかなと思うくらいで、
ちょうど良いのです。

 

続いて、ファンデーションですが、
リキッドファンデーションを顔全体に乗せたら、
気になるシミの部分にコンシーラーを塗り、
最後にパウダーファンデーションを全体に乗せメイク完了です。

 

最後に日焼け止めの数値についてですが、
数値が高いほど、肌に負担がかかりますので、
目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

 


お試しセットって?

シミ対策の化粧のやり方

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。