シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


ハイドロキノン

 

美白成分の一つにハイドロキノンがあります。

 

ハイドロキノンとは、別名をヒドロキノン、
また、強い美白効果があることから、
肌の漂白剤と呼ばれる医薬成分になります。

 

元々、ハイドロキノンは、写真を現像する際に使用する
現像液に使用されていたのです。

 

現像する方々の手がシミ一つない
綺麗な白い手をしていたことを見て、
ハイドロキノンに美白効果があることが分かり、
スキンケア化粧品に利用されるようになったのです。

 

欧米では、早くからシミの治療薬として利用されていました。

 

日本においても、ハイドロキノンの持つ
チロシナーゼ酵素の活性抑制作用、
メラニン除去作用に着目し、
美白化粧品として高い人気を持っています。

 

ただ、ハイドロキノンには、高い美白効果がある反面、
濃度が高いと白斑になる可能性が高いというデメリットがあります。

 

2001年の薬事法改正に伴い、
4%以上の高濃度の場合は、
医薬品の扱いとなることが決まりました。

 

ですが、濃度の低いものに関しては、医薬部外品とされ、
一般のスキンケア化粧品に配合することが可能になっているのです。

 

また、白斑以外の副作用としては、
シミのまわりが白く抜ける症状の白抜きと呼ばれるものや、
ハイドロキノンを付けた部分だけが、茶色くなってしまう色素沈着、
かぶれ、赤み、痛み、炎症などの症状が発生する方も少なくありません。

 

ですので、初めて使用される時は、
いきなり顔全体に付けるのではなく、
気になるシミにピンポイントで付けられるといいでしょう。

 

敏感肌、肌の弱い方、アレルギーをお持ちの方は、
ハイドロキノンを使用される前に、
皮膚科医に相談されてから使用されることをおすすめします。

 


お試しセットって?

ハイドロキノン

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。