シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミの見分け方

 

肝斑という言葉をお聞きになったことがあるのでしょうか?

 

昨今、CMでも有名になりましたので、
ご存知の方も多いと思います。

 

肝斑をシミと同様のスキンケアで改善しようと思い、
通常のシミ対策を取ると、肝斑を悪化させてしまうこともありますので、
肝斑のケアには、注意が必要になります。

 

確かに、肝斑もシミの一つになります。

 

ですが、肝斑とシミでは、できる原因に違いがあるのです。

 

シミは、紫外線によってできるものが多いので、
紫外線対策をすることで予防ができます。

 

しかし、肝斑は、紫外線が原因でできるシミではないのです!

 

紫外線に当たらなくてもできるのが、肝斑なのです(><)

 

美白用スキンケアでお手入れをしているから
大丈夫とは言えないのが肝斑なのです。

 

エステサロンに行き、シミを取る要領でレーザー治療を行うと、
肝斑を悪化させてしまうこともあります。

 

では、シミと肝斑の違いは何なのでしょうか?

 

額や口の周りに、左右対称にできる色素の色が抜けたように見える。

 

広い範囲に薄い茶色いシミが広がって見える。

 

季節や体調により色素の濃さが変わってくる。

 

生活環境に違いがあり、強いストレスを感じている。

 

妊娠している。

 

ピルを服用している。

 

これらの項目に当てはまるものが多い方は、
シミではなく肝斑かもしれません。

 

簡単に言えば、シミは、肌のターンオーバーにより、
徐々に薄くなっていきます。

 

ですが、肝斑は、薄くなったり濃くなったりを繰り返します。

 

また、中心が濃い場合が多いシミと違い、
全体にもやっとした感じに感じられたり、
日ごろから美白ケアをしているのにシミができるなどの方は、
肝斑を疑った方が良いと思います。

 

見分けがつかない時は、ドラッグストアや薬局、
皮膚科を訪ね、相談されてみて下さいね。

 


お試しセットって?

シミの見分け方

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。