シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


馬油(ばあゆ)を使ったシミの改善法

 

馬油(ばあゆ)は、
人に一番近い脂と言われることをご存知でしょうか?

 

人の皮脂と似ているので、
肌の上で皮脂と脂がケンカしないのです。

 

人間は、気温が下がると皮脂の分泌量が減少します。

 

寒い北風が吹く冬の季節は、一年間で最も湿度が低くなり、
湿度の高い梅雨時と比べると、2〜3割ほど下がります。

 

皮脂の分泌量が減少すると、皮膚は乾燥しやすくなり、
様々な肌トラブルを発生します(><)

 

シミも、その一つです。

 

肌が乾燥すると、ターンオーバーのサイクルが遅くなり、
角質が肌に残りやすくなります。

 

その結果、メラニン色素を除去するスピードも
徐々に遅くなり、シミとして残ってしまうのです!

 

ですので、乾燥しやすい肌には、
馬油(ばあゆ)をおすすめします。

 

馬油(ばあゆ)には、不飽和脂肪酸の
リノレン酸が多く含まれています。

 

肌に浸透しやすい性質を持っているので、
つけた瞬間、肌に馴染んでいくのが実感できます。

 

また、リノレン酸には、抗酸化作用、殺菌作用、
抗アレルギー作用があることが知られています。

 

そして、昨今の研究で抗炎症作用、
抗アレルギー作用があることが明らかになったのです。

 

馬油(ばあゆ)は、ニキビ痕が原因のシミ、
色素沈着の予防にもなるのです。

 

それから、馬油(ばあゆ)は傷まないのか?

 

不飽和脂肪酸は酸化しやすいのでは?

 

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

馬油(ばあゆ)には、ビタミンEが豊富に含まれており、
そのおかげで酸化しにくく、安定しているので、
直接肌につけても何ら問題ないとのことです。

 

寒い季節、馬油(ばあゆ)で乾燥から肌を守り、
シミを予防しませんか?

 


お試しセットって?

馬油(ばあゆ)を使ったシミの改善法

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。