シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


花弁上色素斑

 

花弁上色素斑はあまり聞きなれない言葉ですが、
肩や背中、腕などにできる花びら型のシミになります。

 

色は、主に褐色となってますが、
肌質によっては薄い色をしている場合もあるようです。

 

花弁上色素斑の原因は、紫外線です!

 

太陽が眩しい、紫外線の強い時期に、
日焼け止めなどの紫外線対策をせず、
長時間、紫外線を浴びると肌が炎症を起こします。

 

炎症を起こした肌に何度も強い紫外線を浴び、
日焼けする状態を続けていると、
メラニン色素がそのまま角質層に残ってしまい、
シミとなって残るのです。

 

そのシミが、花弁上色素斑なのです(><)

 

花弁上色素斑は、紫外線を浴びると、
すぐ肌が赤くなる色白の方に多いシミの一つで、
20〜30代の若い方に多いシミになります。

 

ですので、すぐ赤くなる肌質の方は、
紫外線対策をしっかりとしてから外出しましょう。

 

花弁上色素斑の有効な治療法は、
レーザー治療になります。

 

数あるレーザー治療の中でも、
レチン療法が効果的です。

 

短時間でシミを薄くすることができるとのことです。

 

では、花弁状色素斑を予防するには、
どのようにすれば良いのでしょうか?

 

手っ取り早い簡単で最善の予防は、
紫外線対策をすることです。

 

外出時には、必ず日焼け止めを塗って出かけること、
外出先でも、こまめに日焼け止めを塗ることです。

 

もし、日焼けをしてしまったら、
冷水で日焼けした部位を10分間ほど冷やしましょう。

 

それから、美白成分配合のスキンケア化粧品を使用しましょう。

 

例えば、アルブチンハイドロキノン
ビタミンC誘導体などが配合されたものを選び、
使用することで、褐色の色素沈着が緩和されるかもしれません。

 


お試しセットって?

花弁上色素斑

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。