シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミと女性ホルモンの関係

 

女性の大きな悩みの一つであるシミのできる原因に、
ホルモンバランスの乱れがあります。

 

多くの女性は、生理、妊娠、出産を経験しますが、
これらを経験することで、
女性ホルモンのバランスに変化が生まれるのです。

 

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と
黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

 

この2つのホルモンバランスが乱れると、
シミができやすくなってしまうのです!

 

昨今、よく耳にする”肝斑”と言われるシミは、
女性特有のシミになりますが、
女性ホルモンの変化が原因となって、できるシミなのです。

 

では、この2つのホルモンの働きについて、
簡単に説明したいと思います。

 

まず、シミに大きく関係しているのは、
メラニン色素を増やす働きをする
黄体ホルモン(プロゲステロン)になります。

 

この黄体ホルモン(プロゲステロン)は、
排卵期以降に分泌が盛んになります。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、
生理後の卵胞期から排卵期までの間、分泌が盛んになります。

 

この2つの女性ホルモンが、
生理周期をコントロールしています。

 

排卵を起こす準備をしたり、妊娠を継続させたり、
女性としての役割を保てるように、
体をコントロールしてくれているのです。

 

肝斑とシミの見分け方ですが、
大きな特徴として、肝斑はシミと違い、
ほおに左右対称にできることが多いことです。

 

30〜40代の老化現象の始まる年代の女性に多く見られるのですが、
それは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が大きく影響していると言われているのです。

 

ホルモンバランスを乱さないためには、
ストレスを溜めないことです。

 

ストレスフリーの生活を心がけ、シミを予防しましょう。

 


お試しセットって?

シミと女性ホルモンの関係

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。