シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


シミと妊娠や産後の関係

 

女性は、妊娠、出産により、
肌質、体質が変化すると言われます。

 

ですが、なぜ、変化するのでしょうか?

 

それは、女性が持つ2つのホルモンに関係があるのです。

 

女性には、プロゲステロンとエストロゲンという
2つのホルモンがあります。

 

この2つの女性ホルモンは周期的に入れ替わり
増減しながら女性の体を保っています。

 

女性は妊娠すると、黄体ホルモンの
プロゲステロンの分泌が盛んになります。

 

お腹の中の赤ちゃんがすくすくと成長できるよう、
子宮内の状態を整え胎盤を完成させるためです。

 

この働きにより、流産を防いでくれるのです。

 

ただ、プロゲステロンが増えすぎると、ホルモンバランスが乱れ、
イライラ、憂鬱などの精神的な不安定な症状を発生させることになります。

 

これが、妊娠初期のイライラの原因です。

 

プロゲステロンは、シミと大きな関係があります。

 

プロゲステロンは、シミの原因となる
メラニンを生成するメラノサイトを刺激し、
シミができやすい状態を作ってしまうのです(><)

 

ホルモンバランスが乱れると、シミの一つである
肝斑ができるきっかけにもなるので注意が必要です。

 

プロゲステロンの影響でできたシミは、
出産後には自然に治ると言われています。

 

ですが、妊娠中に紫外線対策を怠った場合、
頑固なシミとなり、そのまま居座ってしまうこともありますので、
妊娠中は、いつも以上の紫外線対策をおすすめします。

 

また、産後のシミについてですが、
妊娠中にできるシミと同様、
ホルモンバランスが大きく関係しています。

 

産後は、赤ちゃんの世話にバタバタしてしまい、
自身のスキンケアができないことにも影響があります。

 

ホルモン治療を乱さないよう、
ストレスに気をつけ、美白ケアを心がけましょう。

 


お試しセットって?

シミと妊娠や産後の関係

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。