シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


盛り上がったシミを取るにはどうすればいいですか?

 

シミには、美白成分が有効に働くシミと
美白成分では改善できないシミがあります。

 

美白成分が効果を発揮するシミには、
一般的にシミと言われる老人性色素斑を始め、
ニキビが原因でできる炎症性色素斑、
肝斑、ソバカスがあります。

 

また、美白成分で改善できないシミには、
脂漏性角化症、花弁状色素斑があります。

 

脂漏性角化症は余り耳慣れない言葉ですので、
ご存知ない方も多いと思います。

 

脂漏性角化症は、シミがイボのように盛り上がり、
皮膚そのものが変化してしまうので、
美白成分では改善できないのです。

 

また、花弁状色素斑は、
急に過剰な紫外線に当たることで
出来るシミになります。

 

顔ではなくて、肩から背中にかけて出来る可能性が高く、
シミの形が花びらに似ていることから、
花弁状と名前が付いているのです。

 

残念ながらどちらのシミも、
美白成分では改善することができません。

 

では、美白成分で改善できないシミは、
どのようにすれば改善することができるのでしょうか?

 

脂漏性角化症は、小さいものであれば冷凍凝固法で、
大きなものは、炭酸ガスレーザーを使用して
除去する治療法があります。

 

施術後は、医師の判断により、
ハイドロキノンやビタミンCなどの
内服薬を服用するとのことです。

 

花弁状色素斑は、トレチノインの使用、
もしくは、レーザー治療により、
改善することができます。

 

治療後は、紫外線対策をきちんと行ってから
外出されることをおすすめします。

 

ちなみに、トレチノインとは、
レチノイン酸とも呼ばれる
ビチミンA誘導体のことを言います。

 

現在、日本では認可されていませんので、
医師からの処方箋が必要になります。

 


お試しセットって?

盛り上がったシミを取るにはどうすればいいですか?

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。