シミを綺麗に消す方法・化粧品・クリーム・予防・対策

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金と時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、シミ、くすみもなくなり、
20歳も若返ることができるのです。


まずは衝撃のビフォーアフターをご覧下さい。


ステロイドを塗るとシミが出来ますか?

 

ステロイドは、別名を副腎皮質ホルモンと言い、
私達の体の中にある副腎から作られる
副腎皮質ホルモンの一つになります。

 

ちなみに、副腎とは、
腎臓の上端に当たる部分にあります。

 

副腎皮質ホルモンには、
抗炎症作用や免疫力を抑制する作用があるため、
様々な疾患の治療に使用されています。

 

ですが、常習性があり、肌の痒みや腫れなどの
副作用の症状を発する可能性が高いので、
使用には注意が必要な薬となっています。

 

皮膚炎などの治療として
ステロイド外用剤を使用した経験のある方で、
治療が終わった後に色素沈着などの
シミができたと思ったことはありませんか?

 

ステロイド外用剤を塗り紫外線に当たると、
シミができるという話を耳にしたことが
あるか方もおられるでしょう。

 

これは、炎症後に起こる色素沈着を
シミと勘違いしているのだそうです。

 

ステロイド外用剤がシミの原因になることは
ないそうですので、安心して使用されて下さい。

 

ただ、シミを作りたくない方は、
外出される時は日焼け止めや傘、帽子などで
紫外線対策をして出かけることをおすすめします。

 

また、ステロイド外用剤の常習性についてですが、
医師からの指示を仰ぎ、適切な使用法を守っていれば、
何ら問題はありません。

 

ですが、医師に相談せず、
自己判断で勝手に使用を中止すると、
症状が悪化する場合があります。

 

この症状をリバウンドと思いこみ、
怖い薬だと認知されている方も少なくないとのことです。

 

ステロイド外用剤を使用されている方は、
医師の指示を守り、自己判断せず安全に使用しましょう。

 

炎症後に起こる色素沈着を防ぐには、
正しい使用法を守ることが大切です。

 


お試しセットって?

ステロイドを塗るとシミが出来ますか?

顔のシミで悩んでいる方のために使ってみて効果のあったシミのコスメやシミの予防法、皮膚科の治療法や美容外科の最新治療法、自分で出来るシミ消しのスキンケア方法などを紹介しています。